DIRECTOR / MOTION GRAPHIC ARTIST - Synichi Yamamoto 山本 信一

While announcing his own projects at various festivals inside and outside Japan, Synichi Yamamoto has been engaged in many projects for various media such as big screen, broadcast design, branding concept visual, CI and title sequence of motion picture.
He is one of those who started to work on motion graphics projects using digital equipments in an early stage in Japan and his projects have been rendered for an array of promotional videos and title sequences of TV programs. His projects are mainly divided into two; one is ambient-typed moving landscape by digitally transforming liveshot materials and the other is electronica projects featuring beat sounds composed by digital equipments only. Since 90s, he has been collaborating with musicians such as Rei Harakami and Pardon Kimura. At the moment, he is continuously collaborating with a sound artist Tetsuji Ohno (Intercity-Express) and in 2014, he made a live performance for visual and music at MUTEK15 which was held in Montreal. He has also produced public art for a huge screen in Shinjuku since 2013.

Starting with commercial for Corporate Identity (CI) of Sony Music in 2002, he has been engaged in production of many commercials for CI and Visual Identity (VI) as well as branding movies. Furthermore, he has created a wide variety of Installation Art works for Tokyo Motor Show EXPO, Large-sized screen for live LED performance, etc.

His recent works include:-
2011 - NHK BS Wave (changing graphics according to telecasting hours)
2013 - National Museum of Emerging Science and Innovation: the project of "The Movement" for globe-shaped display, which focused on visualization of big data and science visualization.
2014 - NHK Special "Road to reactor decommissioning": visualization of scales for the lapse of time for human being and the nature.
2016 - 3D project for planetarium with the theme of the big bang theory, dimensions and superstring theory. "The Man from 9 Dimensions", visualization of conventional and scientific concepts. Also, he has been engaged in a lot of art and commercial projects.

[Award]
World Wide Video Festival
VideoFest Berlin
Philip Morris Art Award
Japan Media Arts Festival
SIGGRAPH
SIGGRAPH ASIA
PromaxBDA

アーティストとして国内外のフェスティバルなどに作品を発表しながら、大型映像・ブロードキャストデザイン・ブランディングコンセプトビジュアル・CI・映画タイトルバックなどを数多く手掛けている。 デジタル機材を用いたモーショングラフィック作品に日本でも早くから取り組み、数多くのPVやTVタイトルバックなどに採用。
作品は実写の素材をデジタル的に変容させた、移りかわる風景のようなアンビエント作品と、デジタル機材のみで生成されるビートのあるエレクトロニカ作品の2つの作風が主体で、 90年代からレイハラカミ氏、パードン木村氏といった音楽家とのコラボレーションも発表してきた。 現在はサウンドアーティスト大野哲二氏(Intercity Express)と、継続的にコラボレーションしており、 14年にはモントリオールMUTEK15で映像と音楽のライブを展開。13年より新宿の巨大ビジョンでパブリックアートをプロデュース。

コマーシャルワークでは02年に手掛けたSony MusicのCI以降、CI・VI・ブランディングムービーなどに多く関わるようになり、 東京モーターショーEXPO、大型ライブLEDなどフレーム規格からはみだした多様なインスタレーション作品も手掛ける。

近年では、
11年にNHK BS Waveで、放送時間によって移りかわるグラフィックを展開。
13年に日本科学未来館の地球ディスプレイ作品「軌跡~The Movements」を発表、ビッグデータ可視化、サイエンスビジュアライゼーション等の作品にとり組む。
14年NHK スペシャル「廃炉への道」で人間の時間と自然の時間のスケールを視覚化。
16年ビッグバン宇宙論や次元、ひも理論をテーマにしたプラネタリウム3D作品、「9次元からきた男」など抽象的・科学的な概念の可視化を、アート、コマーシャルワークと共に取り組んでいる。

【受賞歴】
ワールドワイドビデオフェスティバル 選出
ビデオフェストベルリン 選出
フィリップモリスアートアワード 入選
文化庁メデイア芸術祭 入選
SIGGRAPH 入選
SIGGRAPH ASIA 入選
PromaxBDA ゴールド賞

写真上段左から Doble Cosmos(original) / 軌跡~The Movements (日本科学未来館)2013 / USUAL ALTERNATIVE(ALTA Vision)
下段左から Sony Music CI/ Dark Energy(Yunica Vision) / MUTEK15