ENTRY

Value

オムニバス・ジャパンでは5つのバリューを共有しています。
様々な仕事、働き方があり、個々が持つ多様な価値観が存在しますが、このバリューを共有することにより、一丸となって映像の新しい価値を創造するというミッションに取り組むことができます。

求める人物像

当社では多様な職種が存在しますが、以下の5点を共通して重視しています。

  • マルチタスクな才能

    我々の仕事は様々な技術や業務が複合的に絡み合い成り立っています。
    この才能を駆使する事で多くのキャリア〈経験値〉を同時に取得することが可能です。
    複数の技術と知見を統合し目的を達成するマルチタスクな才能が必要です。

  • 聞く力

    映像制作には多くの人がかかわっています。
    関わる人たちの話、その意図をしっかりと聞いて理解する力が必要です。そしてそれを自分なりに映像に落とし込む技術力。
    この二つの力が、我々のクリエイティブには不可欠です。

  • 発信する力

    その映像は世の中にどういう影響を与えたのか。
    いま、全てのコンテンツにはこの価値が求められています。
    我々は技術者であると同時に発信者です。
    クラフトを超えた発信力が一人ひとりに求められています。

  • 自ら学び、実行する力

    進化のスピードの速い映像業界。
    我々は常に技術と考え方をアップデートし最先端のポジションを取らなければなりません。
    そのためには働きながら学び、習得した技術を直ぐにカタチにする実行力が必要です。

  • 映像への思い

    モノを創るには「熱」が必要です。
    私たちが何より求めるのが映像への熱い思い。
    誰も見たことのない映像を創る。そんな思いで仕事に向き合える人を求めています。

職種別採用と求める人物像

意志と行動力があれば、思い描くキャリア像になれる環境がオムニバス・ジャパンにはあります。
しかし、それには高い自律性と責任が伴います。
自律的にキャリアのスタートを選択し、主体となってキャリアを歩んで欲しいとの思いからオムニバス・ジャパンでは職種別採用を実施しています。
5つのバリューを基盤とした職種別の求める人物像を策定しました。
この価値観に共感し、自律的にキャリアを歩むことできる方は是非、当社にご応募ください。

  • ポストプロダクション技術(CM)

    対象職種:CM編集・カラーグレーディング・MA(CM)
    CM技術はコミュニケーションがベースとなります。相手の表現したいことをしっかりと聞き、正確に内容を伝えることを最重視します。初めて会う顧客やチーフ、アシスタントでも円滑に場が進むように関係を構築する力も重要な要素です。
    また、時代に合わせた作品作りに対応するために、新しい知識を貪欲に得ようとするチャレンジ精神や自律的に行動する力も必要です。
    時にはタイトな納期や、トラブルの発生というようなハードな現場もあります。そこではプレッシャーに負けず、着実に目的に向かって歩む力も必要となります。顧客、チーフに寄り添って考えることができるサポート力やスピード感をもって変化に対応する力も望ましい要素です。

  • ポストプロダクション技術(番組)

    対象職種:番組編集
    将来的に技術者としてキャリアを築くにあたり、基礎であり最も重要な要素が自分の意志で学び取ろうとする力です。その上で仕事への理解と熱意があることがキャリアのスタート地点です。
    顧客の思いを映像という形にする仕事の特性上、コミュニケーションにおいてはアピール力よりは、まずは相手の話を聞く、その上で正確に物事を伝える力が重要です。
    タイトな納期や、常に顧客を抱えた上で放送基準を満たす作品に仕上げなければなりません。ミスなく着実に遂行する力、ある程度のプレッシャーに耐える力も必要です。
    顧客やチーフ、アシスタント、更には社内の人間と多くの関わりを持つためチームワークを大切にして働ける力や、初めて会う顧客と共に仕事を行う事も多いため、ゼロからでも関係構築できる力も求められます。

  • CG制作

    対象職種:CGクリエイター・VFXコンポジター
    当社のCGクリエイターは魅力的な画作りができるスキルを最重視しています。作品内においてはアニメーションやモデリングのクオリティ、カメラワーク、ストーリー、見せ方などの観点から審査を行い、総合力、または特化している分野のスキルがあるかどうかを判断します。
    また、コミュニケーションスキルも重要な要素です。CG作業の多くはチームで行うことからチームワークや調和力も重要となります。自身の作品の意図を魅力的に見えるように伝える力もクリエイターとして伸びるには必要な要素です。
    制作環境の変化が激しい業界であることから、常に最新の技術をキャッチアップしていくためにも自律的に学び、発想・チャレンジをもって変化に対応していくこともクリエイターとして求める要素です。タイトな納期かつ高いクオリティを要求される事もあるため、プレッシャーに耐える必要もあります。
    得意とする作品のジャンルやテイストが当社とマッチしているかについても重要となります。

  • プロデュース職

    対象職種:プロデューサー(テクニカルプロデューサー)
    当社のプロデューサーはテクニカルプロデューサーとして顧客のニーズを察知して案件を獲得し、満足のゆく映像表現を具現化できるようコーディネートし責任をもって納品まで伴奏します。オムニバス・ジャパンの顔として作品の入り口から出口までを当社のクオリティを担保し担当することがミッションとなります。その為、顧客へのアプローチからクオリティ管理、制作プロセスにおける各種調査、スタッフのアサイン等、多岐にわたる業務を行い、サービスを具現化して提供しなければなりません。さらには進化スピードの早い映像技術や多岐渡る映像表現方法を積極的に吸収していくことも求められます。
    上記の通りテクニカルプロデューサーは自分で考え、自身を管理してゴールに向かって進んでいく高い自律性が無ければ成し得ない仕事です。
    その高い自律性を維持し続けるには映像への情熱が必要不可欠です。

    社内外との幅広く連携取り、顧客とクリエイターをつなぐという業務の性質上、それぞれの立場を尊重して話を聞く対人調和力やフットワークをはじめ、納期を守る為の計画性を持った遂行力と正確に言語化して相手に伝えるコミュニケーションスキルも非常に重要な要素となります。
    また、新たなサービスを構築する、次の時代の映像制作を担う発想や先見性、実現に向けたチャレンジなども必要な要素です。

選考プロセス

プレエントリーはリクナビ2023当社ページで受付しております。

  • 01

    プレエントリー

    上記に記載の通りリクナビ2023にて受付しております。選考の詳細な情報はプレエントリーした方へご案内させていただきます。

  • 02

    エントリー

    エントリーシートを提出してエントリー完了となります。

  • 03

    WEBテスト

    一般的な適性検査および能力試験です。

  • 04

    面接

    当社では構造化面接を実施しています。面接では仕事に対する理解度や将来像(CG制作では作品に対する解説)など、あなたの思いと、あなたが過去にどのようなことを成し遂げたか等の行動、それぞれを聞くように設計されています。

  • 05

    内定

© 2022 Omnibus Japan Inc. all rights reserved.

ENTRY